販促品、販促グッズ、ノベルティの千客万来 販促メッセ

お問い合わせはお気軽に フリーダイヤル0120-959-799

名入れ方法別納期について

納期

名入れ納期について

名入れ方法により最短納期が異なります。以下各方法ごとに目安となる納期を記載しましたが、緊急を要する場合など事前にご相談いただけましたらできる限り納期に合わせられるよう善処しますのでお気軽にお問い合わせください。
繁忙期などは短納期での対処が難しい場合がありますことを予めご了承ください。

パッド印刷 3日/100個~14日/2000個
シルク印刷 5日/100個~14日/2000個
回転シルク 7日/100個~18日/2000個
フルカラー 10日/100個~20日/2000個
レーザー加工 10日/100個~20日/2000個
布用フルカラー 3日/100個~20日/2000個
箔押し・型押し 14日/100個~21日/2000個
刺繍 5日/100個~30日/2000個

布用フルカラー及び刺しゅうに関してはあくまで目安とお考え下さい。
ロゴのサイズやデータ内に占める面積比率等により1枚当たりにかかる時間が大幅に異なってきます。
データを拝見してからおおよその日数をご提示します。

名入れの場合の納期とは(校了~納品)

データを拝見し、完全データであればすぐにイメージを、不完全なデータであれば弊社にて完全データを作成したのちイメージをメール添付します。イメージを確認し、印刷する位置、ロゴのサイズ、印刷に使用する色等をご確認頂き、訂正する箇所がなくなった時点で校了となります。
納期は、校了後正式なご発注を頂き、午前中の入金の確認が取れた翌日より作業開始となり、午後の入金確認の場合、翌々日から作業開始となります。校了のみで入金確認が取れていない場合名入れ作業への移行は行いませんのでご注意ください。
ご入金のタイミングや方法等、弊社とのご相談ややり取りで通常とは異なる取り決めがある場合は校了後、入金を待たずに名入れ作業へと進めます。
校了・入金確認後はすぐに版の作成や商品の手配、業者への配送が始まりますのでキャンセルは基本的にNGとなります。万が一キャンセルの場合、その間に掛かった費用は実費請求となりますことを予めご了承ください。

校了とは

正作業がすべて完し、いつでも印刷ができる状態を言います。
名入れするデータを頂いた後、サイズ、名入れの位置、名入れの色等のチェックや修正などを繰り返すことを校正といい、この段階では名入れ作業に入ることはありません。 弊社とお客様(最終クライアント様が別にいる場合は代理人)との間で名入れに問題ない状態であることを確認しこれ以上修正する箇所がなくなった時点で校了となり、これ以降の変更はできません。

版下とは

パッド印刷、シルク印刷、回転シルク印刷、箔押し・型押しの場合、それぞれの名入れ方法に適した凹版やスクリーン版、銅版などのを作る必要があり、版を作るための元データのことを版下と言います。 現在ではデジタル技術の発達からDTP(デスクトップパブリッシング)でデータを作るケースが主流となり、主なソフトとしてアドビイラストレーターや同じくアドビのフォトショップなどが使用されますが、これらで作られたデータはすべて版下と言います。

製版とは

校了した版下データをもとに名入れに使用するに適した版を作ることを製版と言います。写真の現像と同様、名入れ原稿となる版下と版材を露光させ版を作成します。作られた版(製版)からインクを吸い取ったのちに転写したり、版にインクを透過させることで名入れができます。

版の作成に時間がかかるため、校了後版下データをもとに直ちに製版に取り掛かりますので、校了後の修正不可なのはこの理由もあります。

名入れに入るまでのフロー

お見積り料金にご満足頂けましたら名入れ予定の名入れデータをご提示いただきます。弊社にて完全データ処理と名入れイメージを作成しますので名入れサイズ、名入れ印刷色、名入れの位置、名入れデータの不備等がないかをご確認いただき、最終決定となりましたら校了となります。 校了後、ご入金の手続きを経て名入れ作業へと移行となります。
データの受け渡しは基本メール添付となります。

見積もり依頼から納品までのフロー