商品カテゴリー

名入れについて

ノベルティ・販促品への名入れについて

ロゴなどを印刷することを弊社では「名入れ」と呼んでいます。名入れといっても素材、形状、名入れするサイズなどにより方法や納期、費用等が多岐にわたります。 以下、名入れの方法や費用、納期、データの受け渡し方法等を詳細にまとめました。

名入れとは

既成の販促品やノベルティグッズ一つ一つに企業ロゴや住所、電話番号、URL、QRコード、啓蒙活動のスローガンなどの情報をプリントすることをいいます。また、コミケに代表されるようなイラストなどをプリントすることも一般的になっています。ノベルティや販促品の場合無料配布するケースが多いのですが、トートバッグなど、デザインにこだわり再販グッズとしての需要も多くあります。

パッド印刷イメージ

パッド印刷イメージ

シルク印刷イメージ

シルク印刷イメージ

回転シルク印刷イメージ

回転シルク印刷イメージ

布用フルカラー印刷イメージ

布用フルカラー印刷イメージ

3つのお約束

イメージデータ無料作成

頂いたデータをもとに可能な限りリアルなイメージデータを作成しメール添付にてお送りします。校了前の最終確認にご利用ください。

データ加工無料作成

完全データがなくてもご相談ください。データのアウトライン処理やレイアウト等、弊社にて完全データ化へのお手伝いをさせて頂きます。

エクセルや手書きでもOK

大きなロゴがない、エクセルデータやFAXでの手書きイメージしかないなどの場合、弊社にてイメージに近いデータを作成します。ご相談ください。

拡大するとアウトラインがはっきりしない小さなロゴや低解像度データ、不鮮明なFAXデータ等の場合データ作成ができない場合があります。
この場合、再入稿や近似のデータを提案させていただく場合があります。

名入れのできるノベルティ

まずお断りしておきたいのがすべての商品に名入れができるというわけではないこと。弊社取り扱いのグッズはプラスティック、アルミニウム、ステンレス、綿、不織布などなど、様々な素材からできています。また、大きさや形状もまちまちであり、そもそも名入れできるスペースがあるかどうか、スペースがあっても最適な印刷方法があるかどうかなど、様々な条件をクリアしたもののみを名入れのできるアイテムとして選定しています。

いろいろとある印刷の方法

材質、形状、印刷可能サイズなどにより様々な印字方法があり、弊社ではご予算、ロゴデザイン、色数、納期等から最適な方法をご提案させて頂いております。

それぞれの印刷方法について
パッド印刷

プラスティック、ステンレスなど表面に凹凸がなくフラット形状のものへの印刷ならパッド印刷がおすすめです。微細な線や小さな文字もくっきり・はっきりと表現でき、低コストでできるのも魅力。

モバイルチャージャー
ボールペン
時計
パッド印刷について パッド印刷可能ノベルティ
シルク印刷

コットントートバッグやTシャツなど主に繊維商品へ広い範囲で印刷できるのがシルク印刷。インクを透過させて対象物に印刷するので細かなデザインには向いていませんが堅牢性が高いのが特徴。

エプロン
コットントート
バスタオル
シルク印刷について シルク印刷可能ノベルティ
回転シルク印刷

ボトルなど円筒形形状の商品にパッド印刷でできないサイズやぐるっと全周に印刷を行う場合の方法。シルク印刷の派生なのであまりにも細かいデザインには向いていません。

アルミボトル
グラスタンブラー
ランチジャー
回転シルク印刷について 回転シルク印刷可能ノベルティ
UVフルカラー印刷

布以外のフルカラー印刷にはこちらの方法を使用します。インクジェットでインク噴射後すぐにUV(紫外線)を当てて乾燥させます。フラット形状のプラスティック製品などに。

3色マーカーペン
ボールペン
時計
UVフルカラー印刷について UVフルカラー印刷可能ノベルティ
レーザーマーキング加工

インクを使わないレーザー照射方法。極細のレーザーを照射し素材を少し削るようなイメージでマーキングします。表面を削るだけなので素材の色が少し焦げた感じに再現されます。

アルミボトル
キーホルダー
バッグハンガー
レーザー加工について レーザー加工可能ノベルティ
布用インクジェットフルカラー印刷

コットントートやエプロン、タオルなど天然繊維100%の素材へのフルカラー印刷ならこちら。素材の風合いそのままに高解像度で出力しますので仕上がりがとてもきれいなのが魅力的。

くまもんトートバッグ
コットントート
巾着
布用フルカラー印刷について 布用フルカラー印刷可能ノベルティ
箔押し・型押し

卓上型カレンダーやクリアファイルなどでおなじみの箔押し・型押し。銅版でプレスするのが型押し、銅版と物の間に金箔などを挟み込むと箔押しになります。エンボス加工とも言います。

カレンダー
ハードカバーノート
ミラー
箔押し・型押しについて 箔押し・型押し可能ノベルティ
刺しゅう

布製品へのロゴ名入れなら刺しゅうもあります!誰もが知る刺しゅう仕上げで高級感のあるノベルティになります。トートバッグやブランケットやタオル、ウォーマなど繊維ものに。

タオル
ネックウォーマー
ブランケット
刺しゅうについて 刺しゅう可能ノベルティ

納期について

それぞれの方法により最短納期が異なります。以下各方法ごとに目安となる納期を記載しましたが、緊急を要する場合など事前にご相談いただけましたらできる限り納期に合わせられるよう善処しますのでお気軽にお問い合わせください。
繁忙期などは短納期での対処が難しい場合がありますことを予めご了承ください。

名入れ方法 数量100の場合 数量2,000の場合
パッド印刷 3日 14日
シルク印刷 5日 14日
回転シルク 7日 18日
フルカラー 10日 20日
レーザー加工 10日 20日
布用フルカラー 3日 20日
箔押し・型押し 14日 21日
刺繍 5日 30日

布用フルカラー及び刺しゅうに関してはあくまで目安とお考え下さい。
ロゴのサイズやデータ内に占める面積比率等により1枚当たりにかかる時間が大幅に異なってきます。
データを拝見してからおおよその日数をご提示します。

表示価格について

当サイトでは、印刷に必要となる価格(版代・印刷工賃等の一切)は本体価格とは別にご請求となります。一部印刷価格込と明示の商品に限り印刷代込みとなります。

印刷代はいくら掛かるの?

当サイトでは、それぞれの商品詳細ページに概算計算機を設置してます。以下にご利用方法を記載しましたので是非ご利用ください。

概算計算の仕方
  • 印刷のできるノベルティには名入れありにチェックできる要素が用意されていますのでチェックを入れます。
  • 可能な印刷方法及び色数がプルダウンリストに並んでいますので希望の印刷方法と色数を選択します。
  • 希望するお支払方法を選択してください。
  • 希望の数量を入力し直します。(デフォルトで最低ロット数が表示されています。)

までを選択したら計算ボタンをクリックします。即座に概算計算の明細が表示されますのでご参考にしてください。
※金額にご納得いただけましたら、概算計算の上、お見積り依頼・お問い合わせボタンをクリックしお見積もり依頼をお願いします。 正式なお見積書を発行させて頂きます。数量により印刷単価が異なります。希望数量を変更すれば何度でも再計算できます。

印刷方法別印刷代金のおおよその金額

印刷方法別印刷代金のおおよその金額グラフ

グラフ内の金額はおおよその価格帯分布となります。目安としてご覧ください。
パッド印刷及びシルク印刷は商品により2色印刷可能ですが、その場合印刷代は色数分となりますのでご注意ください。

版代またはデータ構成費

パッド印刷 ¥7,000
シルク印刷 ¥8,500
回転シルク ¥13,000
フルカラー ¥8,500
レーザー加工 ¥8,500
布用フルカラー ¥8,500
箔押し・型押し ¥10,000
刺繍 ¥8,500

フルカラー、レーザー加工、布用フルカラー及び刺しゅうはデータ加工費になります。
パッド印刷及びシルク印刷は商品により2色印刷可能ですが、その場合版代は色数分となりますのでご注意ください。
例)パッド2色での印刷:版代7,000円×2=14,000円
シルク印刷において幅、高さのいずれかまたは両方とも20㎝を超えるサイズでの名入れを希望される場合、版代が12,000円となり、名入れ代金も1枚当たり+15円加算になります。

使用可能な印刷色

一般的な、黒、白、赤、青、緑、黄色、オレンジなどのほかに、DIC、PANTONEなどカラーチップでの指定が可能です。DICカラーやPANTONEカラーの代表的な色の確認は名入れに使用できる色の一例から参照頂けます。

色替えについて

名入れの色替えについて

ノベルティ、販促品は複数色アソートとなり、本体色を選べない場合があります。アソートノベルティの場合、希望の印刷色1色ではせっかくのロゴが見えにくくなるケースがあり本体色に合わせ印刷色を変更することが可能です。例としてロゴは全く一緒で黒い本体色には白色で名入れし、白い本体色には黒色で名入れをする場合などです。この場合、版を洗浄しリセッティングする必要があるため、変更1回につき4,000円(税別)の手数料をいただいております。

ノベルティ本体色から受ける影響

ノベルティ本体色が白以外の有色系の場合その色そのものが下地色となり名入れ色に影響を与える場合があります。名入れに使用するインキそのものの量が限られるため下地色が透けて見える可能性があるためです。量産に入る前に最終的に見える色を微調整しますが実際の名入れ印刷色が希望色と若干異なる場合がございますことを予めご了承ください。

カラーチップとモニターの色味の違い

名入れの現場では、指定色はカラーチップで確認しながら色を作るという作業となります。カラーチップはCMYKベース、モニターの色味はRGBで表現されることと合わせ、モニターが完全に色調整出来ていたとしても同じ色になることはありえません。お客様がモニターで色を選んだ場合色が違うということになりかねませんのでシビアに色を指定する場合にはカラーチップでのご確認をお願いします。


名入れでのご注文の流れ

お見積り料金にご満足頂けましたら予定のデータをご提示いただきます。弊社にて完全データ処理とイメージを作成しますのでサイズ、印刷色、位置、データの不備等がないかをご確認いただき、最終決定となりましたら校了となります。 校了後、ご入金の手続きを経て印刷作業へと移行となります。
データの受け渡しは基本メール添付となります。

見積もり依頼から納品までのフロー
フリーダイヤル/0120-959-799 お問い合わせはお気軽に